ルートガイダンス~交通手段のご案内~

新たなる鉄道・バスの旅への案内

関西の鉄道・バス7社がQRコード乗車券サービスを開始、メリットと課題は?

関西の鉄道・バス7社が2024年6月ごろにQRコードを使ったデジタル乗車券サービスを始めると発表した。このサービスは、スマートフォンからインターネットで購入したQRコードを自動改札機にかざして乗車できるもので、1日乗り放題といった企画乗車券が対象になる。関東や関西の一部の鉄道が導入しているが、複数の鉄道で使えるサービスは関西で初めてである。

このサービスのメリットは、主にコスト削減と利便性の向上にある。従来の磁気券は、自動改札機に多くの可動部や磁気センサーを必要とし、調達コストやメンテナンス費用がかさむ。また、磁気券の発行は駅の券売機や窓口に限られ、窓口での受け取りが必要な場合もある。これに対し、QRコード乗車券は、自動改札機に読み取り部を設置するだけで済み、紙に印刷するかスマートフォンに表示するだけで利用できる。これにより、自動改札機のコストや故障のリスクを減らし、券売機や窓口の混雑を解消できる。さらに、QRコード決済ツールなどとの連携も可能で、海外旅行者などの利便性も高められる。

一方、このサービスの課題は、QRコードの読み取り性能やデータ管理の仕組みにある。QRコードは紙が曲がっていたり、スマートフォンの画面が反射したりすると、読み取りにくくなることがある。また、QRコードは読み取り専用で、乗車券の情報をきっぷ自体に持たせることができない。そのため、乗車券の有効判定や入出場の記録などのデータは、全て自動改札機と接続したサーバーに送る必要がある。これにより、データの通信量や処理時間が増え、処理速度が遅くなる可能性がある。

QRコード乗車券サービスは、鉄道・バスのチケットレス化を推進する新しい手段である。コスト削減や利便性の向上というメリットがある一方、読み取り性能やデータ管理の仕組みという課題もある。関西の鉄道・バス7社が導入するサービスは、関西で初めての試みであり、その成果や反響は注目される。今後も、鉄道業界におけるQRコードの活用は進んでいくと考えられる。

以下の記事の所感です。

nordot.app