ルートガイダンス~交通手段のご案内~

新たなる鉄道・バスの旅への案内

Google Earth Proで地球を自由に飛び回ろう!無料で使える便利な機能を解説

Google Earthといえば、衛星写真や地図を見ることができる便利なツールですが、実はそれだけではありません。Google Earth Proというバージョンでは、さらに高度な機能を無料で利用できるのです。

Google Earth Proは、建設関係者や教育者など、プロフェッショナルな方向けに開発されたもので、以前は有料でしたが、現在は誰でも無料でダウンロードして使うことができます。

 

Google Earth Proでは、通常版のGoogle Earthにはない以下のような機能が利用できます。

  • 3D空間での距離や面積、周長を測定できる
  • フライトシミュレーターで地球上を飛び回れる
  • ツアー動画を作成して保存できる
  • KMLファイルをインポートしてカスタマイズできる

この記事では、Google Earth Proの特徴と使い方を徹底解説します。Google Earth Proを使って、地球を自由に飛び回ってみましょう!

Google Earth Proのダウンロードとインストール方法

Google Earth Proを使うには、まずパソコンにダウンロードしてインストールする必要があります。Google Earth ProはWindowsMacに対応していますが、LinuxChrome OSには対応していませんのでご注意ください

Google Earth Proのダウンロードとインストール方法は以下の通りです。

  1. Google Earthの公式サイトにアクセスします。
  2. Google Earth Proをダウンロード」をクリックします。
  3. 利用規約に同意して「同意してダウンロード」をクリックします。
  4. ダウンロードしたファイルを開いてインストールを開始します。
  5. インストールが完了したら、Google Earth Proを起動します。

これでGoogle Earth Proのダウンロードとインストールが完了しました。次に、Google Earth Proの使い方を見ていきましょう。

Google Earth Proの基本的な使い方

画面の左側には、検索窓や目印、お気に入りなどのメニューがあります。画面の右側には、地球の3Dモデルが表示されます。画面の上部には、ツールバーがあります。

Google Earth Proの基本的な使い方は、通常版のGoogle Earthとほとんど同じです。地球の3Dモデルをマウスでドラッグして回転させたり、ホイールで拡大縮小したりできます。検索窓に場所や住所を入力して検索したり、目印を追加して保存したりできます。

Google Earth Proの画面には、通常版のGoogle Earthにはない以下のようなアイコンがあります。

  • ルーラー:3D空間での距離や面積、周長を測定できます。
  • フライトシミュレーター:飛行機を操縦して地球上を飛び回れます。
  • 動画メーカー:ツアー動画を作成して保存できます。

これらの機能は、Google Earth Proの魅力的な特徴です。それぞれの機能の使い方を詳しく見ていきましょう。

Google Earth Proで3D空間での距離や面積、周長を測定する方法

Google Earth Proでは、ルーラーというツールを使って、3D空間での距離や面積、周長を測定することができます。この機能は、建設関係者や教育者などにとって便利な機能です。

ルーラーを使う方法は以下の通りです。

  1. ツールバーのルーラーをクリックします。
  2. 「ルーラー」ダイアログボックスが開きます。
  3. 「測定モード」で、距離や面積、周長などを選択します。
  4. 「単位」で、メートルやキロメートルなどを選択します。
  5. 地球の3Dモデル上で、測定したい点をクリックしていきます。
  6. 測定を終了するときは、右クリックします。
  7. 「ルーラー」ダイアログボックスに、測定結果が表示されます。

Google Earth Proでは、3D空間での距離や面積、周長を測定することができます。この機能を使って、地形や建物などの大きさや位置関係を調べてみましょう。

Google Earth Proでフライトシミュレーターを使う方法

Google Earth Proでは、フライトシミュレーターという機能を使って、飛行機を操縦して地球上を飛び回ることができます。この機能は、飛行機好きや冒険好きな方にとって楽しい機能です。

フライトシミュレーターを使う方法は以下の通りです。

  1. ツールバーのフライトシミュレーターをクリックします。
  2. 「フライトシミュレーター」ダイアログボックスが開きます。
  3. 「飛行機」で、F-16戦闘機やSR22プロペラ機などを選択します。
  4. 「開始位置」で、現在の位置や空港などを選択します。
  5. 「開始」ボタンをクリックします。
  6. フライトシミュレーターが開始されます。
  7. マウスやキーボードで飛行機を操作します。
  8. 終了するときは、Escキーを押します。

Google Earth Proでは、フライトシミュレーターを使って、地球上を飛び回ることができます。この機能を使って、空から見た世界の景色を楽しんでみましょう。